メリットの多い愛車の一括査定/臭いの影響

臭いの影響

車を査定に出すことを考えたとき、査定のマイナスになる要素はどんなものだとイメージしていらっしゃいますでしょうか?

きっと一般的には、車内が汚れていることを気にする人が多いのではないでしょうか。
汚い車の場合、査定が下がってしまう……そんな風に感じてしまいますよね?

しかし実際は、車内の汚れよりも、マイナスの査定に影響してしまうポイントがあるのです。それは、車内の臭いです。
中古車を購入する人にとって、車内の臭いが強い車というものは、避けられてしまいます。
そんな理由により、臭いが残っている車というものは、査定が低くなってしまう傾向にあるのです。

汚れに関しては、よほど目立つシミや、タバコによる焦げ目などがない限り、そこまで査定に大きく影響することはありませんが、臭いに関しては、大きく影響してしまいます。 特に、ペットと一緒に車に乗りながらドライブを楽しんでいる人にとっては、車内の内装に引っかき傷があったり、カーペットやシートが汚れていたりすることが多いと思います。

そういったペットが巻き起こした汚れや臭いについても、査定には大きな影響が出てしまいますので、日頃から、車を清潔に保つように気を配っておきましょう。 愛車もやがては査定・売却を行う日がやってきます。
そんな日のことを考えながら、愛車は換気したりスプレーしたりと、常に清潔に保つことを心がけましょう。